HOME

当社の事業及びスタンスをご理解いただく一助として

創業以前のキャリア

当方(甲斐)は、平成7年~23年を地元広島の会計事務所系コンサルティング会社で仕事をさせて頂きました。

こうお話すると、「税理士の資格を取得されての独立ですか?」と言われることも多いのですが、当方は資格者ではありませんし、申告書を作成したこともありません。当方は専ら「管理者研修」「中期経営計画・改善計画の策定」「各種管理システム構築支援」等を行なってきました。

とは言え、税務・会計の仕事をしている同僚と机を並べて仕事をしておりましたので、会計事務所がどのような仕事をし、どのような課題を抱えながら事務所運営を行なっているかはよく理解しているつもりです。

前職在籍中にご縁頂いた方々が、当社事業の基礎であり、当方の基本的な考え方に影響を与えていることは疑いありません。この場を借りて御礼申し上げます。

起業・独立の動機

独立は多くの条件・理由が重なった中での結論でした。

直接的には「関与していたプロジェクトの事業化」がきっかけではありましたが、独立以前に、有限責任事業組合や協同組合を通じて、他の税理士等士業の先生とチームを作り、中小企業に関与する機会に恵まれ、よい広く地元の会計事務所を通じて自分のキャリア・経験を利用してもらっても良いのではないかとも感じていたことも、いま想えば関係していると思います。

前職(会社・会計事務所)、当時の関与先との関係も継続しながら開業できたことは、非常に恵まれた環境であったと思います。

ただ直接的なきっかけとなった事業は、事業の根幹となった関係法令が事実上の廃案になったことを受け、撤退しました。

その後3年が経過した頃に、内容を見直して国会に再提出され施行されるに至っています。

結果、これまでの自分の経験、繋がりが、現在の広島、中国地方において何をしろと言っているのか、何を事業とすることが自然であるかと熟考し、次の事業内容に至りました。

■総務担当役員のシェアサービス

中小企業の後継者問題は、「オーナー」「経営者」だけではなく、工場長や営業の中核にある方、そして総務・経理の責任者も含まれます。

この中でも総務・経理の責任者は、オーナー家に関する特別の事情や資金繰りの実態、金融機関との取引及び係争等、ある意味において会社の秘密に最も知る立場であり、広く見識や繋がりを有し、またバランス感覚をもった人でないとできません。時には経営者やオーナー家に対しても、諫言することも求められます。

当社(株式会社スマイルホールディングス)は、「中小企業の総務部長、経営者のかかりつけ医/メンター」として、これらの役割を担っています。

■事業調査(デューデリジェンス)サービスと方向性の立案

社会構造・ライフスタイルが大きく変化する中、これまでのビジネスモデルでは事業価値が劣化するものも少なくありません。

当社では、会社の沿革と取引の内容を深く観察しながら、自社の強みを明確にし、外部環境(予測)と照らし合わせて今後の事業のあり方について見解を取り纏める調査を行なっております。

中小企業経営者から直接ご相談頂くこともありますが、その多くは取引金融機関、顧問税理士、社労士、弁護士の方からのご紹介によるものも多くあります。

士業の先生方とは、チームを組んで、それぞれの強い領域において智慧を出しながら、事業価値向上(局面によっては事業再生という場合もあります)を支援しています。

■事業・組織再編の支援

事業価値向上・再生計画を立案する中で、事業の一部売却や撤退・廃業、又は事業の取得といった事業再編や、会社・組織の統合、分割といった組織の再編を進めていく必要がある場合、これらに伴う利害関係者(金融機関や従業員等)の調整を行なっていくことも支援しています。

事業の譲渡・売却や、譲受・取得においては、アドバイザーとして公認会計士・税理士、弁護士等にも協力頂きながら、より良い相手先の探索・選定を進め、譲渡・譲受後のビジネスモデルを描き、その後についての事業運営においてコンセンサスを得ることを行なっています。

当社では総資産が数千万円~100億円といった大手M&Aサービス事業者があまり扱わず、またローカルでマッチングすることが適当な事案を中心に対応しています。

株式会社スマイルホールディングス

代表取締役 甲斐祐治

 

Copyright(c) 2012 Smile Holdings All Rights Reserved.