2019年(平成31年~令和元年)の活動状況

2020-01-03

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

年賀状をお送りした皆様の一部に、当方の近況(昨年の活動状況)は「スマイル 総務部長 広島」で検索して、最新の投稿をご確認くださいと申し上げましたが、無事、この頁に到着された方、お疲れ様でした。

1.2019年の総括/トレンド

当方が中国税理士会や日本生命/士業交流会さんからの依頼を受けて「再生・廃業の実務」と題して研修会の講師を行ったのが、いまから3年前から一昨年だったと記憶していますが、2019年は「廃業」に係る相談が極端に増えたように感じます。

理由は私が思うに3つです。

  • ご高齢と経営者が代表を務める会社において業況がなかなか回復しないこと
  • 実態として長期に元本返済猶予を受けている企業に対して、取引金融機関が抜本的な出口について考えるよう促していること
  • ガイドラインを含めて廃業しやすい環境となったこと

その中には普通清算できる事例もありますが、一方で法的に債務整理する必要のある会社もございました。

当方にご相談される会社さんは、「廃業するにしても、どこから手を付けたらよいかわからない。」「破産する他ないのだろうか」といった状況で誰に相談すればよいのかわからないというケースが多いです。

もちろん、明らかに破産等の法的整理しか考えられないような事案は、そのまま弁護士事務所に相談が行くわけですが、それでも弁護士との接点が少ない中小企業経営者は、面識のある税理士や友人を通じて、良い弁護士先生を紹介してほしいという依頼も年に数件あります。

「大廃業時代の到来」「後継者がいない」「事業引継センターの相談件数が●●件」といった情報が巷を賑わせていますが、時間が経過する中で「新陳代謝」は進まざるを得ないと思います。

2.2019年の活動内容

この1年の具体的な活動は、次のような感じです。

(1)具体的な取組事案

  • 事業調査・計画策定の新規事案が4件
  • 事業譲受の事案が1件、譲渡の事案が1件、廃業が2件
  • その他2018年からの関与先のモニタリング、金融調整といった改善計画策定に付帯する活動
  • 過去関与先の14001認証支援やOHSAS 18001→ISO 45001移行支援

(2)ご相談頂いた主な会社さんの業種

  • 輸送機械製造業
  • 日用雑貨、衛生用品製造業
  • 運輸業
  • 水産加工業
  • 情報・通信(ソフトウェア開発)
  • 建設業(土木建設業、専門工事業、住宅建築・リフォーム業)
  • 印刷業
  • 飲食・ホテル業

(3)ご縁のきっかけ

  • 顧問税理士事務所のご紹介
  • 顧問社労士事務所のご紹介
  • 関与されている司法書士事務所のご紹介
  • 既存の関与先のご紹介
  • 取引金融機関のご紹介
  • 保険代理店のご紹介
  • 所属する同業者組合の事案

士業のご紹介者や取引金融機関は、関与先のことを非常に心配される中でご相談頂いており、当然に当方よりもお客様のことをよくご存じであり、全体の設計は当方で行いながら、一部の専門分野については協業しながら進めていくことが多かったように思います。

3.2020年の活動方針

地方における人口減少、グローバル化に伴う市場の単一化はその速度を増しているように感じられる中、従前から考えざるを得ないテーマではあったのですが、そろそろ私なりに「地方経済の再生モデル」について、地方中小企業の動静・実態をよく知りうる立場として何等かの結論を得たいと考えております。その中には、官民の役割分担の見直し、PFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)の活用や新しい第三セクター事業のあり方にも研究余地があるように思います。

当方のこれまでのキャリア(第3セクター事業の診断や民間への委託に係る審査業務)が、このようなテーマに取り組めと言っているような気も致します。

とは言え、一方で長男の大学進学もあり、お父さんとしてはあまり投資の時間を増やすわけにもいきません。志を同じくする人と役割分担しながらバランスよくやっていこうと思っております。

あとは協業するパートナーを増やすことですね。これが事実上の成功要因のような気がします。

本年もよろしくお願いいたします。

2020年(令和2年)1月1日 甲斐祐治 ykai@smile-hd.co.jp

 

カテゴリー: Business 

最新の記事一覧

Copyright(c) 2012 Smile Holdings All Rights Reserved.